flow flow

ご相談

ご連絡をいただきますと、まずは顔合せとともに、家づくりのご要望をお伺いします。
COHACOへの質問もお気軽にどうぞ。
楽しい家づくりの第一歩です。どんな小さな思いでもお話しください。
敷地が決まっている場合は、測量図などをお持ちいただくと、より詳しいお話が可能です。
もちろん土地探しからでもご一緒させていただきます。

ご提案

敷地の調査、法規制の確認の上、プランのご提案をさせていただきます。
COHACOでは、図面だけでなく模型やCGを用いて、わかりやすくご説明することを心がけております。
プランだけではなく、我々との相性もこの段階でチェックしてみてください。
この時点では基本的に費用はいただいておりません。

設計監理委託契約

ご提案を気に入って、我々と家づくりをしたいと思っていただけましたら、この時点で、設計監理委託契約を結ばせていただきます。
我々は、役所や施工者とのかけ橋となり、建物が完成するまではもちろんの事、その後の住まいの相談までを気軽にできるようなパートナーとなります。
(例:工事費2,300万円,設計管理料230万円、木造2階建27坪の場合)

基本設計図の作成

具体的なプランの調整、練り直しを行い、基本設計図面を作成します。
大まかな仕様も確定し、概算を算出するための図面を作成します。

実施設計図の作成

工事に必要な詳細な図面を作成します。
この図面により工事の詳細な見積りの依頼をします。通常は数社の相見積を行います。
金額だけではなく、技術力や得意分野など、総合的に判断し、施工業者を選定いたします。
細かい工事費の調整を行うとともに、確認申請を行い、いよいよ着工への準備となります。

現場監理

工事期間中は、お客様の代理として図面通りに工事が行われているかをプロの目線でチェックします。COHACOでは、工事の進捗に合わせた週1回程度の現場打合せを行うことで、監督や職人との意思疎通をはかり、デザインを具現化します。
お時間が許す限り、お客様にも現場に足を運んでいただき、イメージを共有しながら大切な住まいを造っていきます。変更のご要望にもできる限り対応させていただいております。

完成

工事完了後に、審査機関の検査、COHACOの検査を経て、お客様に最終チェックをしていただきます。
必要であれば、手直しを行い、お引渡し、引越しという流れになります。家づくりは、ここがゴールではありません。住みながら気づくことや、生活スタイルの変化もよくあることです。その後の住まいのご相談の窓口としてもCOHACOをご活用ください。